ちきちこちゃんねる

ITや経済、ゲームなどの情報をまとめた、息抜きできるメディアです。

*

酒に合う!Amazonで人気のおすすめおつまみ2選!

酒に合う!Amazonで人気のおすすめおつまみ2選!

  2015/06/06    家電・ガジェット

酒に合う、Amazonで人気のおすすめおつまみを2選してみました! けんこうかむかむは知っている方もいるでしょうか? 辛みがアクセントになっている、イカ一匹まる …

スポンサーリンク

Writer


この記事をシェア

本日の人気記事

ヤマハのおすすめ125ccバイク3選!税金や保険も解説!

,

      2016/01/29

ヤマハ125ccおすすめバイク

ヤマハのおすすめ125ccバイクを主観で3選しました。125ccのメリットやデメリットを解説しつつ紹介していきます。

主に趣味・通学・通勤を目的とし、スクーターは除外しているのであしからず。

スポンサーリンク

 

125ccのメリット・デメリット

50ccの原付、250cc以上のバイクと比較し解説していきます。

メリット

ヤマハおすすめ125ccバイク

主に50ccとの比較になりますが、125ccだと二人乗りが可能になります。友達を乗せたり、彼女を後ろに乗せ、バイクを爆発させることも可能です。

また、法定速度は60キロまでとなり、原付の30キロ制限に比べ、交通の流れについていけなくなったり、スピードが遅すぎて逆に危険といった状況が生まれにくくなります。そして二段階右折がないのもポイント。

税金・保険

そして、最大のメリットは、税金・保険が安くなります!

 重量税自動車税自賠責保険(1年)
250cc以上~5,700円 / 車検時3,800円4,000円9,180円
125cc0円(非課税)1,600円7,280円

これだけで、差額が12,800円だが、125ccのバイクはファミリーバイク特約に加入できるのでさらにお得。バイクや車は人身事故などには、自賠責でかばいきれないので任意保険の加入が一般的です。

任意保険は16歳から20歳などの若い場合は、年齢条件の関係で保険料が高くなり、年間10万円超は珍しくありません。しかし、ファミリーバイク特約は年間7,000円から30,000円に抑えることが可能です。

注意点として、ファミリーバイク特約は、家族が自動車保険に加入していなければなりません。

デメリット

高速道路を走行することはできず、自動車専用道路も走行できません。都会だとバイパスは結構多いですよね。

そして、エンジンのパワーが弱いです。50ccの原付と比べるとだいぶマシですが。

 

ヤマハのおすすめ125ccバイク

YZF-R125

ヤマハおすすめ125ccバイク

125ccなのにこの本格的なフルサイズ、フルカウルスポーツタイプ。デザインで一目ぼれしました。4st、単気筒。FIなのでエンジンの始動性も良好で、通勤・通学に便利。

125ccにしては、タイヤも太く後ろから見ても原付には見えません。また、最高速で100キロは出ます。

燃費

30~60km/Lで、大柄なわりに低燃費

価格

本体価格は439,000円。値段は高いが、維持費やYZF-R125の完成度の高さを見れば納得がいく。

装備

ヤマハおすすめ125ccバイク

デジタルの速度メーターがついている。シフトインジゲーターや、燃料計もついている。

収納スペースは最低限の工具が入っており、物は一切つめないと考えていい。

また、タンクが14Lも入るので給油するのを忘れてしまいそうだが、燃料計があるので心配なし。

yamaha-bike (3)

スポーツモデルですが、スポーツ性能よりも、ツアラー向けでポジションも楽だそうです。初心者向けと言えるでしょう。ちなみに2015年モデルです。

YB125SP

ヤマハおすすめ125ccバイク

こちらは中国生産の125ccバイク。人気車種のSR400を小さくしたような車両。といっても、車体はほぼ同じでタイヤサイズが少し小さいのとエンジンが小さいくらい。

燃費

30~50km/Lで平均40kmです。

バイクの中でもずば抜けて燃費がいいです。

価格

150,000円~280,000円前後。

中国からの輸入車なので、修理できる店を選んで買う。

装備

シフトインジゲーターを標準で装備しており、ギアが何速に入っているかわかるので、初心者向き。

また、リアキャリアも標準装備で大きく頑丈でこれは助かる。そして、シーソーペダルなので、通勤・通学で、どんな靴を履いていても痛まない。

収納が無いのと、メットホルダーがありませんが、後付可能です。

キックスターターがないのが少し痛いです。

ヤマハおすすめ125ccバイク

赤もかっこいいけど、もう少しシックな色にしてほしかった。あとはFIではないので、通勤・通学に使用するにはエンジンの始動性にストレスを感じるかも。

YBR125

ヤマハ125ccおすすめバイク

125ccバイクでは流通がかなり多いほうの車種。こちらも中国からの逆輸入ですが、純正のタイヤの出来を気にしなければ優秀。タイヤを替えればいいだけなんですが。

燃費

40~50km/L。

価格

150,000円~280,000円前後。

YBR125は、YSPで販売されている、FIタイプとキャブレータータイプがあるので価格はバラつきます。もちろんFIタイプのほうが高いですが、エンジンの始動性は段違いでよくなります。

装備

燃料計つきのメーター。標準で小さめのキャリアがついています。

こちらもシーソーペダルで、センタースタンドも装備。また、バランサーが内臓されており、エンジンの振動があまりありません。

タンク容量は13Lです。

ヤマハおすすめ125ccバイク

白もかっこいいです。ヘッドカウル無しのタイプも販売されています。

 

まとめ

お金があるなら、YZF-R125がおすすめですが、通勤・通学となると、スーツや私服に合わず浮くかもしれません。

YB125SPはおしゃれなのですが、キャブレーターのみとなるので寒い日や炎天下だとエンジンの始動が悪く、通勤通学に向いてないかもしれません。

YBR125は、FIモデルだとエンジンの始動性もよいので、通勤・通学におすすめできます。

しかし、バイクは見た目で気に入ったものを選ぶのが一番かと思います。あなたにもよいバイクライフを送れることを祈ります。

この記事を書いた人

M.Nishi管理人
ファッションが好きで、ライフスタイルなどの情報に強いです。
夏はテニス、冬はスノーボードをするアクティブ系インドア人間。

スポンサーリンク